長いなぁ

取り上げ忘れてたけど、一応。

温井ダム放流訴訟で請求棄却
2005年の台風14号で温井ダム(広島県安芸太田町)が警報サイレンを鳴らさず太田川に放流したため、冠水した県道に取り残され危険にさらされたなどとして、広島市安佐北区のタクシー会社と運転手2人が、ダムを管理する国などに慰謝料など約1400万円の支払いを求めた訴訟の判決が広島地裁であった。野々上友之裁判長は原告側の請求を棄却した。

被害にあったのは2005年で、提訴が2006年の3月。裁判はやっぱり年単位の時間がかかりますか。

広告を非表示にする