宙に浮く

ダムカード集めやら何やらでここ1・2年妙に東北方面へダムめぐりに行く事が多かったんですが、東北のダムみてて気づいた事。

洪水吐がなんかかっこいい。

特にポイントが高いのが、ゲートの上についている通廊。ほかの地域ではあまり見かけないような気がする(単に僕の観測範囲の問題かもしれないけど)。場所柄、雪が降っても行き来したり監視出来るようにという事なのだろうか。

「熱中夜話」のときにダムの魅力を「宮崎アニメの世界」と表現してる方が居て、いまいちピンとこなかったんだけど、この洪水吐の造形はラピュタに通じる気がする。

で、こういう物がごちゃごちゃついてるので見ていて非常に楽しかったのだけど、この面白さをどうにも写真に落とし込めない。へたっぴな僕の撮影技術では無理なのか、なんとかズルできないか、ということで思いつきでこんな風にしてみました。

交差法で見てください。大きいサイズの画像も用意してみました。
ラジアルゲートの付け根のあたりとか、半透明な通廊の透けっぷりと浮かびっぷりとかよく有りません?
やっぱり、まだ改善の余地が有るなぁ…。

広告を非表示にする