読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その他、頼まれているわけじゃない告知事などを

休みなのでニコ生以外の話でも、って告知事ですが。
えーっと、「旅の発見」がプロデュースするダムツアー「ゲツダム」。第1弾のツアーがとうとう募集開始です。

体験プラン|旅の発見秩父ダムツアー「ゲツダム」第一弾秩父3大ダムめぐり
秩父の3大ダムを巡るツアー!専門家の解説を聞きながら、より詳しくダムを巡ろう!
専門家ダムガイドと一緒に秩父のダムを巡ろう!!

「古いダム、新しいダム」というテーマで、
秩父の二瀬ダム・浦山ダム・滝沢ダムを見学します。

ダムには様々な形があるけれども、
時代によって形式が違う!?

『絵で見るダムのできるまで』の著者、中村靖治さん
『インフラの源流はダム』の著者で、3ダム全ての勤務経験がある金子毅さん
ダムに詳しいこのお二人を迎えての解説付!

その他にもダムの堤体内見学もできるかも!
ダム管理所の方からのお話など魅力満載!

全行程バスで移動しますが、写真スポットでは随時停車し、撮影タイムを設けます!
皆様カメラをお忘れなく。

お一人様でもお気軽にご参加ください!

というわけで、4月25日 池袋発の秩父のダムをめぐる日帰りバス旅行、一人7,000円です。
じっくり見学の時間とれるみたいなので、普通に行ったのでは見られないところもきっと見ることできるはず。車とか持ってないのでダムめぐり自体行ってみたかったけど行くことできなかったという人にもぴったりの旅行だと思いますので、是非。
あと、もう一つ。宮島さんのツイート経由で知ったのですが、この秩父のダムツアーで回るダムの一つ、「二瀬ダム」で点検放流するみたいです。

http://www.ktr.mlit.go.jp/futase/pdf/kisyahappyou0319.pdf
秩父市大滝にある二瀬ダムでは3月24日(水)10時から14時までの間 ダム上部にある非常用放流ゲート(クレストゲート)等からの点検放流を行います。
二瀬ダム放流設備の中で非常用放流ゲートは、大洪水の時に使用するゲート設備です。
今回の点検放流は、完成後ほぼ半世紀が経過しその間風雪に耐えて来た放流設備の詳細な計測と、正常に作動するかの確認のため行います。
最初に、利水放流設備で毎秒20立方メートル放流し、その後、非常用放流ゲートで毎秒7立方メートルの放流を予定しています。
特に二瀬ダムの非常用放流に対する減勢形式は「スキージャンプ式」と呼ばれ、ゲートからの放流水がダムを一気に滑り降り、ダム下流のスロープでジャ ンプすることで勢いを弱め減勢池に落下させます。今回は全4門の内、左岸側 の1門のみからの放流となります。
なお、天候や貯留状況によっては中止する場合があります。

平日かー。ちなみに、二瀬ダムはイーモバイルは無理ですけど、docomoは入るので機材さえ持っていけばニコ生とかUstで中継できますよ。