読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「黒部ダムカレー」食べに出かけた

なんか、ダム関係が深刻な話ばっかりでいい加減うんざりしてきたので、ダムで思いっきり浮かれているとこに行こう!と立山黒部アルペンルートの長野県側玄関口、長野県大町市に行ってきました。

なぜ、大町市かというと「黒部ダムカレー」をご当地ブランドの食品として打ち立てるプロジェクトが現在進行中だからなんです。

ご当地黒部ダムカレーを食べよう!長野県大町市

現在市内の飲食店11店舗で、各店舗で趣向をこらした「黒部ダムカレー」が出されているそうなんですが、今回はそのなかでも最もアバンギャルドなダムカレーを出してるらしい「豚のさんぽ」に行ってみました。

場所は、JR信濃大町駅前のロータリーを挟んだ向かい。アルペンルートの帰りにも寄りやすい場所です(夜の部のオープンが18時らしいので時間的にちょっと厳しいかな)。

昼はラーメンを中心にしたメニューで、夜は豚肉料理の居酒屋という2種類の業態を持ってるちょっと変わった店です。

このぶたかわいい。で、この「豚のさんぽ」実はかなり人気のお店。僕の場合20分くらい待ちました。

で、カウンター席に通されてメニューに目を通すと、ありました「黒部ダムカレー」。ちゃんとレギュラーメニューで載っています。ちなみにこの店の場合2種類の黒部ダムカレーがあって、あの豚肉がドーンと載っているのは大黒部ダムカレーだそうです(3人前くらいの分量があるそうで)。

ちなみにここは長野県大町市で「二郎」が食べられるお店。特急あずさが新宿に到着するまで我慢しなくても「野菜マシマシ」とコール出来ます。
でも、今回は「黒部ダムカレー」です。愛想がやたらよい店員さんに注文して…

実は、ごはんが終ってしまったそうで、黒部ダムカレーにありつくことができませんでした。写真は代わりに頼んだ「汁なし麺」。おいしかったです。
店員さんの話に寄ると、なんでも今日はやたら「黒部ダムカレー」が出たのだとか。僕が待っている間も「黒部ダムカレー」を食べにきたお客さんが出てくるのを見かけたくらいなので、僕が思ってた以上に広まっているのかもしれません。世の中、知らないうちに明後日の方向に向かってますね。気がつくと置いてかれるかも。なお、黒部ダムカレーは夜の部でも注文出来るそうです。。
というわけで、「黒部ダムカレー」はお預けとなったのですが、是非また今度食べに伺いたいなーと思います。今日はすっかり忘れてた家にお留守番だった軍曹つれて行きたいなぁ。
三州家」「黒部ダムレストハウス」に続く、ダムカレー3部作!っていうか、ひょっとして家に置いてきたから怒って影で何かしてダムカレーを売り切れに…はっ!

「豚のさんぽ」オフィシャルサイト
「豚のさんぽ」オフィシャルブログ