Time waits for no one

はてブされてて、なんとなく気になった。
時をかける少女」のネタバレですので一応。







http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1156697169/125

タイムリープした人以外も記憶が残るっていう考えを導入しなくても話としてはちゃんと成立すると思うし、あんまりきれいじゃないなと思う。妙に話がじめっとしてしまう。時かけは、そういうタイプじゃないでしょ。
高瀬のためにタイムリープしなかったというより、果歩のためにタイムリープするまでは自分のためにしかタイムリープしなかった、という表現のほうが正確じゃないだろうか。むしろ、高瀬の投げた消火器にぶつかった友梨の為にタイムリープしなかったことのほうが意識的にやってるんじゃないかという気がする(「私が何とかする」とは言っておきながら結局何もしなかったのは、やっぱり千昭と友梨が急接近したことと無関係じゃないだろう)。
おそらく、そういったことの罪悪感(って言うとなんだか妙に深刻だが)みたいなものが渦を巻いているところに果歩達がまさに渡りに船という感じでやってきたから、それに飛び乗ったというのがあそこら辺の展開じゃないかな。
あと、真琴的には、あの時点までにあったことをまた繰り返したくない、っていう気持ちも大きいのじゃないか。自分の気持ちの整理がついてないのに(真琴は果歩の恋を見てるうちに、私もあんな風にっていう感じで気持ちが整理されていったのだと思う)千昭に告白されるのが分かってるわけだし、下手すりゃ電車に轢かれて死んじゃうわけだし。

広告を非表示にする